中学生比較「Z会」「進研ゼミ」2020年度版

2020年度版の「Z会高校受験コース」と「進研ゼミ」の中学生向け講座・コースの比較検証をしていきたいと思います。

「Z会」はiPad×テキスト教材の組み合わせ学習「iPadスタイル」、「進研ゼミ」学習専用端末×テキスト教材の「ハイブリッドスタイル」でそれぞれ比較をしていきたいと思います。

通信教育の代表的な教材の「Z会」「進研ゼミ」。どちらも受講者数・人気・実績・評価が総合的に高い通信教育で、運営歴も長く広く教育事業に携わっているからこそのそれぞれの教育ノウハウを持っている教材です。

総合的に中学生の自宅学習の質を高めてくれる通信教育で、タブレットを活用する学習スタイルでさらに効果的な学習をすることができる。

iPadスタイル×ハイブリッドスタイル

中学生

「Z会高校受験コース」の「iPadスタイル」と進研ゼミの「ハイブリッドスタイル」で中学生向けの講座を比較してみたいと思います。

どちらもテキストを併用しながら学習をするスタイルになっており、大手教材だからこその質の高い学習ができます。授業対策・テスト対策・高校入試対策まで、総合的な学習で中学生の学びを家庭からしっかりと伸ばしていくことができるでしょう!

基本情報

システム 「iPadスタイル」
(Z会)
「ハイブリッドスタイル」
(進研ゼミ)
利用端末 iPad
(対応端末要確認)
専用タブレット
タブレット代金 会員特別価格で購入可能 無料
(6ヶ月以上受講)
受講教科 国語・数学・理科・社会・英語・実技4教科・作文 国語・数学・理科・社会・英語・実技4教科
教科書準拠 数学・理科・社会・英語 国語・数学・英語
受講費/月 1年生 2,700円~12,000円
2年生 2,700円~12,000円
3年生 3,750円~19,750円
1年生 6,980円
2年生 7,190円
3年生 7,980円
テキスト教材 毎月あり 毎月あり
添削指導 毎月あり 毎月あり
高校生講座 継続利用可 継続利用可
学習レベル
(中3の場合)
「進学クラス」
「特進クラス」
「受験総合」
「難関挑戦」
「最難関挑戦」

受講比較

教材を受講して使用感や内容などを比較していきます。
※かなり個人的な意見ですので参考程度に見てください。

比較 「iPadスタイル」
(Z会)
「ハイブリッドスタイル」
(進研ゼミ)
基礎学習 win
発展学習 win
学習動線 win
学びやすさ DRAW DRAW
教材の質 DRAW DRAW
意欲・やる気 win
コスト win
テキスト学習 win
添削指導 DRAW DRAW
継続性 DRAW DRAW
授業対策 DRAW DRAW
応用・発展 win
テスト対策 win
苦手対策 win
入試対策 DRAW DRAW
保護者向け win

総評

先生

”通信教育といえば!”という「Z会」と「進研ゼミ」。
どちらも非常に人気が高く多くの中学生が勉強法として選択している教材だからこそ、教育ノウハウも充分ですし中学生の学びを最適化してくれることでしょう。「Z会 iPadスタイル」はiPadを利用した学習で映像授業を見ながらテキストに書き込みながら学習をするスタイル。「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」は学習専用端末を利用した学習が軸にテキスト教材を組み合わせた学習スタイルになります。

どちらも授業理解をベースにしながら高いレベルの入試対策まで対応しており、シンプルな学習スタイルは「Z会」、学習アプローチの多さは「進研ゼミ」といった感じだと思います。

Z会「iPadスタイル」

効率よく質の高い学習環境で本物の学力を育成

iPadを利用して「映像授業」で学びながら専用の書き込み式のテキスト教材に記述をしながら学習をするスタイル。「確認問題」で学んだことの定着を確認して、「応用学習」で記述力や応用力を伸ばしながら身についた知識を活用していく取り組み。シンプルな学習動線ですし、「考えて、書く」ことを軸に請うy率よく・効果的な学習をススメて本質的な理解を促していきます。基礎から高いレベルの学びまでに対応したおすすめの学習法です。

こんな中学生におすすめ

・自宅での効率のいい学習環境をつくりたい
・日々の授業理解から点数に直結する力を身につける
・デジタル×テキストの学習メリットを活かした学習
・学びの質を高めていきたい
・難関校受験を考えている

進研ゼミ「ハイブリッドスタイル」

総合的な学習に対応

専用端末を利用した学習が軸になっており、一人ひとりに合わせた学習プラン。個別の実力に合わせた学習とテキスト教材で書いて解く力もしっかりと培っていきます。多様な機能や学習アプローチで学び進めていくことができるので、モチベーションを維持・向上させつつ確かな理解定着を促していくことができるでしょう。2020年度は「自動学習プラン/AI学習アシスタント」などの機能が追加されてさらに学びやすくなっています。

こんな中学生におすすめ

・基礎をしっかりと定着させていきたい
・個別の実力やニガテに合わせた学習がしたい
・やる気を向上させて学びへのモチベーションを上げたい
・多様な教材で幅広い学びがしたい
・確かな学習習慣を培っていきたい